【ボルドー】マドモワゼル・ド・マルゴーのチョコレート

マドモワゼル・ド・マルゴー(Mademoiselle de Margaux)はボルドーのマルゴー村に1969年に設立されたチョコレート屋さんです。マルゴーといえばワインのメドック格付け1級のシャトー・マルゴーで有名な村です。

私はマルゴー村の本店と、ボルドー市内にある支店の両方を訪れましたが、どちらも価格は一緒ですし、品揃えも同じくらいでした。どちらの店舗でも無料で試食ができるので、お気に入りの品をお土産に買って帰ることができます。

下のGoogleマップは本店の様子です。イメージカラーである可愛らしいパステル・ブルーの看板が目立つので、分かりやすかったです。

私がお土産で購入したのは「Sarments du Médoc」といううねうねと曲がったスティックチョコレートのキャラメル味です。

Sarments du Médocができたのは1981年。マドモワゼル・ド・マルゴーが開店してから12年後のことです。故障により、チョコレートスティックを作る機械のパイプの1つが詰まってしまい、見たこともないような、薄くしなやかな形のスティックができました「これはまるで地元のブドウの木のようだ!」と言うことで、新製品のSarments du Médocが誕生したのです。あの特徴的な形状は、なんと偶然の産物によるものだったのです。

Sarments du Médocは誕生からわずか2年後の1983年に、アメリカで開催されたファンシー・フード・ショーで、最高の菓子製品に贈られる「キャンディ・アワード」をみごと獲得しました。

マドモワゼルマルゴー Mademoiselle de Margaux

いろいろと試食をさせて頂いた結果、私はキャラメルの香りと味が好きなので、こちらを選びました。こちらの大きいサイズは8.80ユーロでした。


マドモワゼル・ド・マルゴーにはもう一つ、名物商品があります。ギネット(Guinettes)というチョコレートなのですが、チェリーをアルマニャックやキルシュで包み、ダークチョコレートでコーティングされています。3つの味わいの調和を楽しめる、大人味のチョコレートです。

美味しいですが、洋酒がかなり効いていてアルコールが強めなので、その点だけちょっと注意が必要かもしれません。

ギネットは2009年に、ニューヨークで開催されたファンシー・フード・ショーでSOFI賞を獲得しています。

マドモワゼル・ド・マルゴーのチョコレートは、どれも濃厚な味わいと上品な甘さがあり、とても美味しかったです。パッケージもとても可愛いので、女子旅のおみやげにも最適だと思いました。

ちなみに、シャルルドゴール空港にもいくつか売っていたので、わざわざボルドーに行かなくとも購入することは可能です。個人的にはオススメのおみやげです。

<Information>
Mademoiselle de Margaux
公式Webサイト

本店
住所:1 route de l’Ile Vincent 33460 MARGAUX
開店時間:
・月曜日〜土曜日: 10時〜13h/ 14時〜18時30分

ホルドー店
住所:65 rue des Remparts 33000 Bordeaux
開店時間:
・月曜日: 14時〜19時
・火曜日〜金曜日:10時30分〜19時
・土曜日:10時30半〜13時/ 14時〜19時