【CDG空港】エールフランスラウンジ(2019年版)

今年もまた、パリ シャルル・ド・ゴール空港のエールフランスラウンジを利用できました。デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのおかげです。

ちなみに、今年は行きの便では航空会社ラウンジを使えませんでした。理由は羽田空港からの便だったから、です。詳細を知りたい方は是非こちらの記事をご覧ください。

一方、シャルル・ド・ゴール空港からボルドー メリニャック空港への乗り継ぎの際は、国内線のラウンジを使えました。こちらの記事でご覧いただけます。

ついでに2018年の時のエールフランスラウンジの記事もあります。

今年(2019年)は、昨年は工事中だったターミナル2Eのおみやげ屋さんが完成していて、コスメやお菓子、チーズ、ワインの品揃えが一気に増えた影響から、ラウンジに入るのが遅くなってしまいました。

それでも搭乗開始時間から、締め切りの時間まで30分もあったので「締め切りに間に合いさえすれば良い」というスタンスでラウンジを楽しみました。

そういうわけで、あまり余裕がなくて写真が少ないです。とりあえず、ビュッフェから取ってきた一皿目。安定してお料理がとてもおいしいです。それと、サラダもとても美味しかったのですが、ビュッフェの方が品切れになってしまい、お替わりできませんでした…残念。

Airfrance Lounge@CDG airport

昨年のシャンパーニュはDEUTZでしたが、今年はCharles Heidsieckになっていました。

Airfrance Lounge@CDG airport

さらにこんなものまで見つけました!赤ワインはLes Hauts de Smith(レ・オー・ド・スミス)です。シャトー・スミス・オー・ラフィットのセカンドワインです。日本では5,000円くらいします。ボルドーからの乗り換え中ですが、当然いただきました。

Airfrance Lounge@CDG airport Airfrance Lounge@CDG airport

エールフランスのラウンジは利用者はビジネスマンらしき人たちが多く(どの航空会社もそうだと思いますが…)そのおかげでテーブルやソファなど、至るところに電源コンセントがあります。携帯電話やパソコンなどの充電器は手荷物にしておくと、こちらでデバイスを使うことができます。