【CDG空港】エールフランスラウンジ(2018年版)

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのおかげで、帰りの便でも航空会社のラウンジを使わせて頂きました。

行きの便での利用はこちらの記事でご紹介しています。

私が持っているクレジットカードはデルタ航空のものなので、基本的にはデルタ航空のラウンジが使えます。

しかし空港によってはデルタ航空がラウンジを設置していないところもあります。そこで、デルタ航空のラウンジがない空港では、デルタ航空とアライアンスを組んでいる航空会社のラウンジを使うことができるのです。

デルタ空港が加盟しているアライアンスはスカイチームなので、スカイチーム加盟の航空会社が対象となります。今回の旅はスカイチーム加盟のエールフランスを使ったので、パリ・シャルルドゴール空港ではエールフランスのラウンジを使わせていただくことができました。

ラウンジの場所は、シャルルドゴール空港ターミナル2Eの保安検査場を出て、左右すぐのところにエレベーターがありますので、そこから入れます。

どのゲートからの出発となるかは分からないので、一応、ゲートKとゲートLの地図だけですが、載せておきます。いずれも保安検査場を出たらすぐです。

ゲートK
ゲートL

オリジナルの空港内マップは、シャルルドゴール空港の公式webサイトで見ることができます。

ラウンジの入り口に機械がいくつかあるので、どれでも良いので操作します。日本語を選択できるので、難しくはありません。

まずはご自身の搭乗券のバーコードを読み込ませ、もし同伴者がいれば、その人のバーコードを読み込ませれば終わりです。

ラウンジの中はこのようになっています。

Air France Lounge CDG Air France Lounge CDG

16時ごろのフライトだったので、ボリュームのあるお食事を取ることができました。

Air France Lounge CDG Air France Lounge CDG Air France Lounge CDG

そしてシャンパーニュはDEUTZが飲み放題です。ワイングラスが用意されているので、そちらに注いで頂きます。

Air France Lounge CDG

他にもオレンジジュースやビール、コーヒー、紅茶などのお飲み物が揃っています。コーヒー、紅茶系はファミレスのドリンクバーのように、コーヒーマシンを使ってティーカップに注ぐタイプですが、ジュースやビール系は缶のものが揃っています。お水もevianのペットボトルが用意されています。

Water

こちらはお手洗いです。とても近代的でキレイです。

Air France Lounge CDG

今回は使っていないのですが、シャワールームやエステなどもあるようなので、時間に余裕がある時はぜひ使ってみたいです。