【ランス】ノートルダム大聖堂に行きました

Sponsored




ランスのノートルダム大聖堂。正式名称はCathédrale Notre-Dame de Reimsです。

大聖堂について

13世紀に着工されたゴシック建築の大聖堂です。シャルトル大聖堂、アミアン大聖堂に並ぶフランス屈指のゴシックと称されています。

現在の建物は1210年の火災後に再建されたものでファサードは15世紀に完成しました。しかし第一次世界大戦中にドイツ軍の空爆を受けて一部焼失し、20年の歳月をかけて修復されました。正面双塔の高さは80mにも及びます。

歴史的には、カロリング朝時代以来、26人もの歴代フランス国王が戴冠式を挙げたことで知られています。またジャンヌ・ダルクがシャルル7世を連れて訪れています。1991年、サン・レミ聖堂、トー宮殿と共に世界遺産の文化遺産に登録されました。

ファザード部の彫刻の美しさは目を見張るものがあります。特に「微笑みの天使」と呼ばれる彫刻が有名。また聖堂内部には20世紀を代表する画家シャガールによるステンドグラスや、シャンパーニュ作りを模したステンドグラスもあります。

サン・レミ聖堂は、荘厳で静かな雰囲気の中に、背筋が伸びるような緊張感が美しい聖堂でした。一方、ノートルダム大聖堂は息をのむような迫力のある聖堂です。建物の大きさ、高さ、広さ、ステンドグラスの美しさ、さらにその量・・・すべてにおいて圧巻です。

歴代のフランス国王と同じ場所にいる。時空を超え、歴史に思いを馳せると心臓の奥が震えるような、そんな感動を覚えました。

写真

愛用の一眼レフカメラ×超広角レンズで撮影しました。

ノートルダム大聖堂の外観

2018-10-24_21-48-12_000夜はライトアップされます。写真は正面からではなく、裏側から撮影したものです。

2018-10-24_21-42-25_018

微笑みの天使

2018-10-24_21-22-47_000

ファサード部分を内部から見た様子

2018-10-24_21-24-49_000

2018-10-24_21-41-36_000

シャガールのステンドグラス

シャガールのステンドグラスはファサードからちょうど反対側の一番奥の方にあります。

2018-10-24_21-36-59_000

ジャンヌダルク

2018-10-24_21-36-21_000

ノートルダム大聖堂の内部

2018-10-24_21-30-54_000

下のステンドグラスのうち、真ん中はシャンパーニュ作りを表現したステンドグラスです。

2018-10-24_21-28-47_000

高い天井

2018-10-24_21-40-25_000

2018-10-24_21-40-07_000

2018-10-24_21-26-11_000 (2018-10-25T19_21_29.330)

ジャンヌ・ダルクの像

2018-10-24_21-48-27_000

観光情報

住所:3 Rue Guillaume De Machault, 51100 Reims
アクセス    ランス駅から徒歩 8分

入場料 無料
開門時間    7時30分~19時30分
定休日    なし

Sponsored