長時間フライトの機内で快適に寝るためのアイテム11選

Sponsored




私は海外旅行が大好きだし、仕事柄、海外出張も何度か命じられて行ったりして来ましたが、実は飛行機が苦手だったりするのです…。

韓国や台湾ならまだしも、アメリカ西海岸なら10時間、ヨーロッパだと12時間。長すぎます…。

「長時間のフライトの機内でいかに快適に寝るか」に照準を合わせて試行錯誤してきました。そのようにして辿り着いた11のアイテムをご紹介させていただきます。

ヨガパンツ

まずは服装。

身体を締め付けず、ストレッチしやすく、非常時も動きやすく、さらに普通の服っぽく見えてパジャマっぽくない。

ありとあらゆる選択肢を消去して、最後に残ったのがヨガパンツです。

大きめなトップスを着ればお腹周り&腰回りも隠せるので、外を歩いても全然OK。スニーカーとも合うから、スーツケースを持って移動するフライト日のコーディネートとしても最高!私は試しに安かった商品を通販で購入しましたが、大正解でした。

さらにこのヨガパンツ、夜はパジャマとしても使っています。ホテルは空調が効いていて、冬でもそんなに寒くないので、薄手のTシャツをトップスに合わせて寝ています。荷物も減るので大変便利です。

飛行機用むくみ防止着圧靴下

飛行機って急激な気圧の変化のせいでしょうか?

短い時間でも脚がむくんでパンパン!になって痛くなってしまうのです(涙)

そこで飛行機に乗るときはいつも、飛行機用のむくみ防止着圧靴下を履いてます。履くときはちょっとキツくて苦労しますが、これを履くととてもラクです。むくみが軽減されます。オススメです。

スリッパ

私が使っているのは可愛らしいリボン付きの携帯用スリッパです。

フライト中だけでなく、ホテルでも使っています。海外のホテルはスリッパが置いてない事が多いので、このスリッパを持っていけば機内&ホテル兼用で使えて一石二鳥です。

耳栓

飛行機特有のゴーって言う音、かなり大きな音なんですよね。だから耳栓をして嫌な音を遮断します。完全に音が消えるわけではないのですが、かなり軽減されます。

私はミスサイレンシアを使っています。すごく柔らかいし、耳の中にフィットするので、つけてる事が気になりません。

携帯用ケースも付いているので、旅行で持ち歩く際も無くならなくて便利です。

私はこちらもまたホテルでも使っています。周りの部屋の音や建物の外から聞こえる音、一緒に泊まっている人の動く音などをかなりシャットアウトでき、熟睡できます。

アイマスク

フライト中は機内が暗くなることが多いので、アイマスクなんていらないんじゃない?って思うかもしれませんが、安眠のためには必須です。 最近の飛行機は個人用モニター画面がついていますよね?あの液晶モニターが曲者で、薄暗い機内にあの光が目に入るとすっごく眩しい!

モニターだけでなく、個人用ライトをつける方もたまにいらっしゃいます。さらに機内が消灯モードになっていても、いつまでもシェードを下げずに外を見ている人まで…。機内って意外と光で溢れてるんですよね。

私はピンク色の可愛らしいアイマスクを使っています。ゴム部分がキツくなくて、耳の横をあまり締め付けないので、つけていることが気になりません。

ネックピロー

あるのとないのとでは雲泥の差。 安いものでも十分で、私はダイソーで見つけたネックピローを使っています。空気で膨らませるものと迷いましたが、ちょっと面倒くさそうとか思って、かさばることは承知でこちらを選びました。

荷物がかさばるのが嫌な方は、空気で膨らませるものが良いと思います。好みの硬さも選べますからね。

ストール

カーディガンやパーカーなどでも構わないですが、ストールなら

  1. 後ろから肩に羽織る
  2. 前から上半身にかける
  3. 膝の上に乗せて下半身を温める

という3パターンの使い方ができるので便利です。持参せずにブランケットを2枚もらうという選択肢もありますが、万が一もらえなかった場合のリスクを考え、ストールを持参しています。

機内での乾燥対策としてマスクが挙げられていますよね?でも私、普段からマスクを全くしないので、マスクって息苦しくて苦手なんです。

それでも機内は乾燥して喉がガサガサしてくるので、起きている時間は飴を舐めてます。おすすめはのど飴。

帰国便に乗る時は、現地でお土産代わりにのど飴を買い、それを舐めながら、旅行の余韻に浸るも良しです。

香水かアロマ

リラックスする上で、嗅覚って重要です。ただでさえ苦手な飛行機ですから、大好きな香水やアロマをほんの少しだけ使って、肩の力を緩めます。

周りの人の迷惑にならないよう、使うのは少しだけ。自分だけが感じる程度の量にとどめます。

私はロクシタンのバラの香水を使っています。清涼感と華やかさがあるし、本当のエッセンシャルオイルのように、純粋にローズだけの香りがして、幸せな気分になれます。

保湿グッズ

化粧水、保湿クリーム、リップクリーム、目薬などを、機内持ち込み制限の100ml以内を限度に持ち込みます。

美容のため、ということもありますが、あまりにも乾燥していてお肌や瞳が痒くなってしまったら、不快すぎて眠れません。心地よさを追求するためにも、保湿グッズはマストアイテムです。

飲料水

出国審査後、ペットボトルを買うことを強くオススメします! お食事の時にもお水がコップ一杯くらい出ますが、そんな少ない量では12時間のフライトでは全然足りません!

機内にドリンクやスナックが置いてあるコーナーが用意されますが、いちいちそこに行かないとならないのは大変です。

私はフランス行きの飛行機でうっかりペットボトルを手に入れることを忘れてしまったのですが、喉がすごく乾くし、水を飲みに行くのは遠いし、小さい紙コップにしか入れられないしで大変な思いをしました。

好きなタイミングでお水を飲めるのは重要です。

いかがでしたか?本当は区切りよく「10選」にしたかったですが、どれも削れないアイテムばかりだったので「11選」になってしまいました。

Sponsored